Top Message

代表メッセージ

IT人材育成で、世界と戦える日本へ。
魅力的なIT人材が見つからない。
スペシャリストの育て方がわからない。
DXをビジネスの拡大や成果につなげられない。
今、日本の経営者や人事担当者は、大きな不安や焦燥感を抱えています。
私たちトレノケートは、そんなIT人材に悩むあなたの一番の味方でありたい。

Amazon Web Services、Cisco、Google、Microsoftから、
世界的な評価を受ける最先端のITトレーニングメソッド。
アジアを中心に、アメリカやオーストラリアなど
世界15ヵ国に広がって構築されるグローバルネットワーク。
経営者や人事担当者のビジョンに寄りそい、
日本の企業や経済を元気にしたいという想い。
それらを胸に、IT人材育成を進化させていく。

労働生産性が最下位。人材育成投資額が最下位。
逆境の今だからこそ、私たちは上を向く。新たなことに挑戦する。

日本をもう一度、世界と戦える国へ。
企業を強くしよう。経済を盛り上げよう。世界を驚かせよう。
IT人材不足が叫ばれる2025年の崖を乗り越え、価値ある未来へ。
さあ、攻めの一手を。すべては、人のチカラから。

Company
Overview

会社概要

商号
トレノケートホールディングス株式会社
代表取締役社長
杉島 泰斗
従業員数
427名 (※トレノケートグループ全体)
役員一覧

代表取締役会⻑

小澤 隆

代表取締役社⻑

杉島 泰斗

取締役副社⻑

菊地 達樹

取締役

井上 拓
吉田 敦男
淺井 亨

社外取締役

Vincent Gibes
関口 美奈

監査役

佐藤 正之

社外監査役

森本 新一
入谷 淳

本社所在地
東京都新宿区西新宿6丁目8番1号 住友不動産新宿オークタワー

History

沿革

1995年
ディジタル・イクイップメント・コーポレーション(DEC / 現:ヒューレット・パッカード)の教育研修事業部門が独立したグローバル ナレッジ ネットワークの日本支社設立
2004年
ベンチャーキャピタルのジャフコグループ株式会社から出資を受けた当時の経営陣のマネジメントバイアウト(MBO)により独立
2006年
株式会社インターネット総合研究所と新株予約権付社債および新株予約権の引受契約を締結
株式会社インターネット総合研究所の子会社となる
2011年
全株式の譲渡により、株式会社インターネット総合研究所より独立。現経営陣が事業を承継
アメリカン マネジメント アソシエーション インターナショナル(AMA)の日本における全事業を譲り受け、子会社グローバル ナレッジ マネジメント センター(クインテグラル株式会社)を設立
2012年
海外進出を開始。グローバルナレッジネットワークアジアグループ化(シンガポール:Trainocate (S) Pte Ltd、マレーシア:TRAINOCATE (M) SDN. BHD.、インド:Trainocate Networks India Private Limited)
2013年
トレノケートインドネシア(PT. Trainocate Networks Indonesia)グループ化
2014年
トレノケートタイ(Trainocate (Thailand) Company Limited)・トレノケートベトナム(Trainocate Vietnam Co., Ltd.)創業
株式会社クリスクグループ化
2017年
グローバルナレッジネットワークからトレノケートへ商号変更
香港法人Kornerstone Limitedと戦略事業提携
クインテグラルアジアグループ化 (フィリピン:Quintegral Philippines, Inc.、シンガポール:Quintegral Pte. Ltd.、マレーシア:Quintegral Sdn. Bhd.)
2018年
米国法人TLG Learningと戦略事業提携
トレノケート台湾(Trainocate Taiwan Co. Ltd.)設立
2019年
香港法人Kornerstone Limited、コラムと上海にて中国合弁会社創業
2020年
トレノケートフィリピン(Trainocate Philippines Inc)をクインテグラルフィリピン(Quintegral Philippines, Inc.)から分離
トレノケートスリランカ(Trainocate Lanka Pvt Ltd.)設立
株式会社クリスク完全子会社化
2021年
トレノケートオーストラリア(Trainocate Australia Pty Ltd)設立
杉島泰斗が代表取締役社長に、小澤隆が代表取締役会長に就任
2022年
トレノケートUAE(Trainocate Gulf Pty Ltd)設立